トップページ > バラ焼きとは?

バラ焼きって?

十和田で愛される「バラ焼き」
十和田市内の飲食店・ご家庭でも親しまれているバラ焼き

バラ焼きとは?


標準的には牛さんのバラ肉と大量のタマネギのみを、しょうゆベースの甘辛いタレで味をつけ、鉄板で焼く料理のことです。
昔ながらのバラ焼きはこのスタイルなのですが、現在では、タマネギのほか、ピーマンが入っていたり、ニンジン、キャベツ、モヤシ、シメジが入っているお店もあります。
また、牛さんのほかにも、豚さんのバラ肉が使われていたり、はたまたあるお店では馬さんのお肉のバラ焼きがあったりします。

牛バラ肉とタマネギ・ピーマンのバラ焼き 昔ながらの牛バラ肉とタマネギのバラ焼き

ご家庭での食べ方


十和田バラ焼きのタレ  十和田のご家庭では、主に牛さん、次に豚さんで食べられている模様。また、野菜も、大量タマネギがベースなのですが、その日に余ったと思われる野菜を入れて焼く「お家でのバラ焼き」を楽しんでおります。
 市販のタレにコチュジャンなどをいれて独自のアレンジを楽しむご家庭、はたまたお家に伝わる秘伝のタレをお使いになり楽しんでいるご家庭もある模様。
 この度、十和田バラ焼きゼミナール公認の「十和田バラ焼きのタレ」が出来ました。そのタレは十和田商工会議所で販売しております。是非、一度、ご賞味くださいませ。
  お家から出て、お店の味を楽しむもよし。「十和田バラ焼きのタレ」を使ってお家で楽しむもよし。はたまたお家で独自のレシピを楽しんでも良し。バラ焼きはいろいろな楽しみ方があります。